「Name's Story」のご注文をお考えの皆様へ  (ご注文の前に必ずご一読ください)        


このたびは看板商品「Name's Story」に関心をお寄せいただきまして誠にありがとうございます。

この商品のコンセプトは、それぞれのお名前の文字から浮かぶストーリーを私なりにイメージし、できるだけ、ありきたりではないその人のためだけの言葉=詩を紡ぎ出し、受け取って頂く方に笑顔と驚きと感動をお届けすることです



2006年より制作をはじめ、これまでお届けした作品の中には、それぞれのお名前から一見、すぐには思い浮かばないような難解な言葉にたどりついた例もございます。毎回、その漢字や語感からいろんなイメージをふくらませながら、徹底的にコトバ探しをしており、なるべく言い古された表現を避け、その作品を目にした人から「なるほど!」と思っていただけるような作品を目指しています。

できるだけ長く飾っていただけるよう、過度な演出は避けくまでさりげなく美しく、毎日眺めても飽きる事なく心にすうっととけ込むような言葉選び、見るたびに語りかけてくるような作品づくりを心がけています




基本的にはこちらのイメージでポエムを作成しますが、どうしても、このコトバを入れて欲しいというご希望があればご相談に応じます。
その場合はあらかじめご注文フォームの備考欄に具体的に詳しく明記くださいませ。
しかしながら、全体のバランスなどからご希望に添えない場合もありますことはどうぞご理解ください。その際はその旨をあらかじめ説明させていただきます。事前にご要望なきまま、こちらで完成、お届け後に、イメージが違うとの理由でのご返品は受けかねます。
何卒ご了承ください。


あらかじめお伝えいただいた由来や想いがあれば、それにうまくつながるように、もしくは、こちらにお任せということであっても、必ず、幸運、笑顔、希望、感動につながる詩作をこころがけます。
お一人お一人のために、二つと同じものがないように制作しますが、中には、私の中で、この漢字にはどうしてもこのイメージの言葉がベストという思い入れの強いものもあり、漢字によっては同じ語句を用いる場合もありますが、詩作品全体としては間違いなく、おひとりおひとり、その人のためだけに、手書きの味を生かしつつオンリーワンの作品づくりをしておりますのでどうぞご安心ください。


また、すべての作品に、詩の読み、どんな思いを込めて書かせていただいたかを記した手書きの解説カードをおつけいたしております。



書につきましては基礎を十分に学んだ上で、「隷書体」をベースにし、墨字の楷書がもつ清らかさ、美しさを表現したいと心がけています。誰にでも読めるあたたかさ、凛とした力強さを漂わせる、剛柔併せ持つ芸術性を追究しています。

2009年には、難関であります漢字検定準1級に合格いたしました。
お名前に使われている漢字の意味を大切に、またひらがなの丸み、語感などもうまく生かせるよう詩作にとりくみます。


なお、書作から、梱包、発送まで全て、ひとりで手作業でやっております。通常は、正式な受注から2~3週間でお届けしておりますが
オーダーの状況によっては、さらにお待たせする場合もございます。この日までにというご指定がある場合は、事前にメールでお問い合わせいただければ幸いです。

贈り物でラッピングをご希望の場合のみ(包装紙で中身が見えない状態でお送りするため)完成時の写真画像をメールでお送りいたします。それ以外は、原則として、どうか届くまでのお楽しみで、ご理解いただければと思います。

どんなふうな作品になるかな?といったワクワク感覚でご注文いただければ幸いです。
前述しましたように、あらかじめご希望のイメージがある場合はぜひ前もってお伝えくださいませ。その場合はポエムの内容を事前にお伝えいたします。ただし、文字のデザインや配置、全体のバランスなどはお任せいただければ幸いです。
※筆文字ロゴなどの商業デザイン文字のオーダーはこの限りではありませんあくまでもName's Storyご注文の場合のみ

芸術書道には正解がありません。人によって好みもさまざまです。どうかこれまでの作品やそのテイストをご理解して頂いた上でご注文をお願いいたします。香玉もそのご信頼をなによりも大切に書作をさせていただく所存です。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
みなさまとのご縁をひたすら楽しみに、今後とも日々精進いたしますので何卒よろしくお願い申し上げます。


                     2020年    青木 香玉

商品のコンセプトを香玉自身の言葉でご紹介させていただいた動画です(2019年制作)